treatment/kyosei

女性の「やせない」「調子が悪い」は骨盤の歪みが原因だった!!

歪んだ骨盤

神経やリンパの流れも悪くなります。代謝も悪くなるので太りやすく、肩こりや冷えなど、体のあちこちに悪症状が現れます。

正しい骨盤

しっかりと閉じた骨盤はきれいなハート型で、背骨をまっすぐに支えられます。骨盤が正しい位置にあるので、くびれも出現。リンパの流れもスムーズで代謝もアップ!

人生の1/3は睡眠の時間

ゆがんだ姿勢は不健康をつくる

悪い姿勢と重力による神経圧迫と椎間板の変形

  • 頭が重い
  • 肩こり
  • 猫背
  • バストダウン
  • 3段腹
  • 残念なおしり
  • 下腹ポッコリ
  • 関節が痛む
  • むくみ

正しい姿勢は健康の基本

横から見たS字を生理的湾曲といい、人間工学上必要なカーブのこと

  • バストアップ
  • 背中きれい
  • くびれたウエスト
  • すっきりお腹
  • ヒップアップ

寝姿勢をたてにして(起きている状態と考えて)みて下さい。

8時間かけて体を休めたいですか?それとも、昼間と同じ緊張状態で過ごしたいですか?

すべては寝姿勢で健康が変わる

ゆがんだ寝姿勢

柔らかい寝具は背骨がW字に曲がり脳からの命令が上手く伝わりにくくなる

例えば、体重が50kgだと体重の80%(=40kg)のおもりをお腹に置いて寝ることと同じ

骨格や関節が寝ている間にずれてしまう、血行不良・神経圧迫をつくる

健康な寝姿勢

背骨が真直ぐに伸びた正しい寝姿勢を保つことができ脳からの命令もスムーズに伝わる

質の高い睡眠と十分な寝返り

すべては寝姿勢で睡眠が変わる

都市型睡眠 不健康な睡眠

農村型睡眠 健康な睡眠

  REM睡眠とは N-REM睡眠とは

逆説睡眠という。

(夢を見ていたり、歯ぎしりをしている時)

(ラピッド・アイ・ムーブメント)

(目が動く)

脳眠・熟眠という(余波睡眠)

“深い眠り”の中にある脳が完全に休んでいる状態でわずか15分程度

この15分がとれなければ何時間寝ても意味がない。

体は休んでいる(休眠)

このとき成長ホルモンが出る。

大人になったら疲労回復ホルモンとなる。

目覚める直前に副腎皮質ホルモンを出す。

(ストレスを回避させるホルモン)

真の健康になる為の3つの真実(法則)

【1】姿勢
…健康=姿勢 不健康=悪い姿勢 と言われるくらい、姿勢が悪いと「血行不良」「神経圧迫」「内蔵の機能低下」「筋肉のコリ」など悪循環の始まり。
【2】睡眠
…睡眠=体を修復し、脳を休めるなど非常に大切な生理システム。ただ寝るだけでは意味がありません。いい環境で熟眠することが大事。
【3】寝具
…背骨のけん引・寝返り促進・熟眠効果がある